ヒーローになって

eyesplus-kotoba_spe_201506_2

[eyes.+編集部より]
この名言の主は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給)のナターシャ。

アベンジャーズの一員として戦うナターシャは、とても強くて聡明で、美しい人。

でも、過去に傷つき、その思い出がいまでも足かせになっている。

そんなとき、ナターシャは、大切な誰かと支え合い、認め合うことで、乗り越えている。

アベンジャーズのヒーロにも、わたしたちの心にも、

弱い自分、怖がりな自分、自信のない自分が同居している。

誰かの背中を押すことも、立派な強さ。自分で自分を励ましてみるのも、強さ。

ヒーローになろう。

▼ ▼ ▼

この名言の基になったのは……
【『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給)ナターシャ】

グレース・ケリー  劇中の配役の成長と、私生活での成長のリンク。全てを糧にする女優、スカーレット・ヨハンソン【後編】

 


* * *

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

aou_imax_poster

©Marvel 2015
※別サイトが立ち上がります。