小さな少女でも世界は変えられる~『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』から学ぶ“勇気をもつこと”の大切さ【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

© 2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

前回に引き続き、大ヒット上映中『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(ウォルト・ディズニー・ジャパン配給)の主人公ソフィーを通しての“勇気”を見つめます。

今とこれから
離れ離れになろうとも、一度つながった絆は永遠に

バッキンガム宮殿で、英国女王と会えたソフィーとBFG。

女王は、ソフィーの話通り、他の国でも沢山の人間が消えていることを知り、軍隊を派遣することにします。

ソフィーとBFGは、凶暴な巨人たちに怖い夢を吹き込むためにBFGの家に戻ります。

あたしが捕まえたオソロシ夢。じゃ、これを巨人たちに?
出典:ソフィーのセリフより

夢の国でソフィーが捕まえた“恐ろしい夢”が活躍するときがきたのです。

しかし、夢の国で捕まえていたのは、恐ろしい夢ばかりではありませんでした。“ソフィーの夢”も捕まえていたのです。巨人との戦闘の前に、それがどんな夢なのか知りたがるソフィー。

BFGは、それがとても素敵なものであることをソフィーに教えます。

次々と冒険が続くんだ。そして最後には良かったことだけが記憶に残る。
なあ、どうだソフィー、これこそお前さんが心から願っていることだろう?

出典:BFGのセリフより

しかし、その夢は「巨人の国」でないところで覚めることを感じているソフィー。

あたしたちずっと友達? BFGって呼んだらちゃんと聞こえる?
出典:ソフィーのセリフより

ソフィーにとっては、BFGを失うほど寂しいことはなかったのです。いつまでもBFGと繋がっていられると知ったソフィーは安心して巨人退治に向かいます。

ソフィーとBFGは、英国軍隊とともに、恐ろしい夢を吹き込まれてパニックになっている凶暴な巨人たちを捕まえ、ついに人々は巨人の脅威から逃れることができたのです。

これは、ソフィーの勇気とBFGとの友情によって勝つことのできた闘いでした。

短い間ではあったけれど、同じ体験を分かち合い、相手のことを大切に思いやる素晴らしさを、ソフィーは学びます。

これまで一人ぼっちだったソフィーにもBFGにも“友達”ができたのです。

この素晴らしい作品ができたのは、≪ドリーム・チーム≫と呼ばれるスピルバーグ監督の盟友たちの結束のおかげでした。

そのメンバーの一人に、この映画の脚本を書いたメリッサ・マシスンさんがいます。

メリッサさんは、1950年アメリカのロサンゼルスに生まれました。

彼女は、フランシス・フォード・コッポラ監督が製作総指揮を務めた映画『ワイルド・ブラック/少年の黒い馬』(80)で脚本家デ ビューしたあと、1982年の『E.T.』では、脚本とともにアシスタントプロデューサーを務めました。

このときの監督・製作が、今回の『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の監督であるスティーヴン・スピルバーグだったのです。

メリッサさんは原作を読み、ソフィーとBFGの絆に引き込まれて行きました。原作の『オ・ヤサシ巨人BFG』の作者であるロアルド・ダールの自宅を何度も訪ね、彼の人生や作品を探究するとともに、その土地の空気と匂いを嗅ぎ続けたのです。

私はダールが書いたセリフを可能な限り一語一句そのまま使おうと努力しました。あのトーンを壊したくなかったから
出典:メリッサ・マシスンの言葉

このソフィーとBFGの素晴らしい友情物語は、メリッサさんの脚本なしでは生まれませんでした。スピルバーグ監督も現場で、彼女に意見を求めたほど、頼りにもされていました。

そうしてできた映画でしたが、残念なことに彼女は映画の完成を待たず、2015年11月4日、病気のためロサンゼルスで亡くなりました。65歳でした。

The Hollywood Reporterによると、スピルバーグ監督はメリッサさんの訃報を受け、「メリッサは彼女がE.T.に与えた心と同じように輝いた寛容と愛に溢れた心を持っていた」と声明の中で語り、哀悼の意を表したと言います。

そんなメリッサさんだからこそ、ロアルド・ダールさんの世界をここまで忠実に再現できたに違いありません。彼女はこの世からいなくなりましたが、人の心を打つこの映画はずっと残り、いつまでも人々を感動の渦に巻き込むに違いありません。

私たちは、自分の力では世の中を変えることなどできないと思っています。
けれど、この映画は、小さな少女であっても、勇気を出せば、問題解決を手伝えることを教えてくれました。

それと同時に、相手を思いやる心があれば、年齢に関係なく、素晴らしい友情が芽生えることも教えてくれます。

勇気を出して一歩前に進めば、私たちにも新しい世界が広がることでしょう。

(山庭さくら)

【参考記事】
クランクイン!
Disny Mivie

キラリと輝く名言

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+

* * *

Disney『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』

© 2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
※別サイトが立ち上がります。
PCでは音が出ますので、ご注意ください。