女優リリー・ジェームズ演じるシンデレラが気づかせてくれる、信じることの意味。 ディズニー映画「シンデレラ」【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大人になると、小さな頃に夢見ていたことや信じていたことを忘れて、毎日をこなすことが目的になってしまいがちです。今回は、ディズニー映画『シンデレラ』を通して、優しい心が引き寄せる幸せについて見つめます。

ワタシのあの頃
どんな人生も乗り越えられる、魔法の言葉

 ディズニー映画のヒロインといえば、誰を思い浮かべるでしょう。美しいドレスとガラスの靴で舞踏会に現れた、謎のプリンセス・シンデレラに憧れたことはありませんでしたか?

 2015年4月25日公開のディズニー映画『シンデレラ』は、大人になって夢見ること、信じることに臆病になってしまった現代女性たちに、夢を見ることが力になるのだと、改めて教えてくれます。物語上の人物ではありますが、リリー・ジェームズさんが演じることにより、新たに生み出されたシンデレラという女性を通して、夢を見ること、信じることの大切さを思い出してみましょう。

 いつかきっと、叶うから。

 主演リリー・ジェームズさん演じるシンデレラには、両親に与えられた名前がありました。その名はエラ。

 両親にとってエラはプリンセスでした 王冠もなければお城もありません。でもエラは小さな王国の女王でした
(ナレーションの言葉より)
出典:Disney『シンデレラ』

 エラは、貿易商の父と心優しい母の愛情を一身に受け、動物と共に仲睦まじく暮らしていました。
 父は仕事で家を空けることが多かったのですが、しっかり者の母はエラと家を守ります。困ったときは、魔法使いのフェアリー・ゴッドマザーが助けてくれるのだと教わり、エラはそれを信じていました。

CINDERELLA

 でも、その幸せは続きませんでした。愛する母が、病に倒れたのです。
 母は命の灯が消える直前、エラに人生を生き抜くために大切な言葉をのこします。エラは母との残された時間の中で、その言葉を懸命に心に刻むのでした。

 母が最期にのこした言葉は、エラの人生を支える魔法の言葉。

優しさには力があるの 驚くほどの力が 魔法の力よ (中略)どんな時でも勇気と優しさを持ち続けてね
(エラの母の言葉より)
出典:Disney『シンデレラ』

 母亡き後、エラは教え通り、優しく美しい少女へと成長しました。
 そして、身近にいる動物や、父が迎えた“まま母と意地悪な姉”たちも、すべて快く受け入れようと思っていました。新たな家族と仲良くすることで、父が再び幸せになると考えていたからです。

 エラが望む幸せは、自分だけの幸福でも、とびきりの幸福ではありません。大切な人がそばにいるだけでいい、そんなささやかな幸福です。
 父はエラのために新たな家族を迎えましたが、まま母や二人の姉は家の中で好き勝手に振る舞うようになり、エラは居心地の悪さを感じるようになります。
 エラを溺愛する父も娘の様子を案じ、忘れてはならない大切なことを再確認し合いました。

お母さんもここにいるんだ。もう会うことはできなくても この家でいつも一緒にいるんだよ だからこの家を大切にしなければならない。お母さんのために
(エラの父の言葉より)
出典:Disney『シンデレラ』

 父と娘の絆を深めあったのも束の間、父は仕事先の遠い地で、急な病に襲われ、帰らぬ人となってしまいます。
 のこされたのは、愛情をたっぷりと注いでくれた両親との思い出が詰まった家と、仲良しの動物、そして意地悪な本性をあらわにし始めた、まま母と二人の姉たち……。

 

 本当の両親を亡くしたエラを待ち受けていたのは、みなさんがご存知の通りの仕打ちです。
 屋根裏部屋に追い払われ、暖炉の灰にまみれながら家事に追われるようになるのです。
 両親が大切にしてきた家を守らなければならないと、冷めたご飯にも文句を言わず、健気に耐えていたエラですが、“シンデレラ”(灰かぶり)という皮肉な名前で呼ばれ続けるうちに、自分に自信を無くしてしまいました。
 そしてついに、エラは心の悲鳴に気づき、思い出が詰まった大切な家から森へ飛び出しました。

 優しく受け入れる気持ちを自分から示すことは、相手との関係を円滑にするはずですが、どうしてもうまくいかない相手もいます。
 そのとき、相手を責めず、少しだけ自分の環境を変える決断をするエラは、勇気のある女性です。
 環境を大きく変えるときは、誰だって不安になります。でも、その一歩を踏み出すことで、運命を引き寄せることになるかもしれません。そう、この後のエラのように。

 小さい頃、周りの大人から教わった言葉はたくさんあるはずなのに、いつの間にか忘れてしまっている気がします。
 エラの母は優しい人でいなさい、勇気を持ちなさいと言いました。この言葉は、人に優しくするのは当たり前だけど、自分が苦しいときも誰かに優しくできているのだろうかと、省みるきっかけになりました。
 忙しい毎日に必死になって、「疲れている」と叫んでいる自分の心の声も、耳を塞いで聞こえないふりをして生きているかもしれません。自分にも、優しくできているのかな。
 優しくするというのは簡単なようで、難しい。
(たまさき りこ)

▶▶【中編へ続く】
「あなたはずっと召使い」あきらめずに信じる強さが道を拓く。ディズニー映画「シンデレラ」【中編】

〈 次回は4月30日(木)更新予定です 〉

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+

【映画『シンデレラ』の名言】
どんな時でも勇気と優しさを持ち続けてね
ありのままの自分の姿を見せることは誰にとっても大きな冒険です
「君は誰だ」 「シンデレラです」

* * *

Disney『シンデレラ』

本当の魔法は、あなたの勇気。

© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
※別サイトが立ち上がります。
PCでは音が出ますので、ご注意ください。