なぜ顔出しだけでは満足できないのか? “美しすぎる漫画家”まんしゅうきつこが勢いあまって脱いだワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 美人と噂されながら素顔を隠し続けていた漫画家・まんしゅうきつこさんが、4月7日発売の『週刊SPA!』で素顔を公開。何を思ったのか素顔のみならず、素肌まで公開。今回はまんしゅうきつこさんの素肌ではなく、素顔を見つめます。

ワタシのあの頃
普通の家庭で厳しく育てられた……はずですが、個性は育児と無関係?

 まんしゅうさんは、2012年に開設したブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」で注目を浴びた女性漫画家です。
 ほのぼの系の絵柄に反し、ちょっとお下品だったりアンダーグラウンドなネタが盛りだくさん。そのミスマッチさが笑いを誘います。

 まんしゅうさん(ペンネームについては深く考えず、さらりとお読みください)は埼玉県出身。年子の妹の他に、弟がいらっしゃいます。弟は写真家の江森康之さん。強烈な個性を放つ姉弟が育った家庭は、意外なほど普通なのだそう。

私は長女だったので、本当に厳しく育てられたんです。初めての子どもだったので、新鮮さとか、期待とかも大きかったんでしょうね。
出典:https://cakes.mu/posts/2411

 子育ては長子の躾は特に慎重になります。アルバイトも不純性交友を心配したお父様に禁止され、思惑通り恋愛の機会を得ないまま大人になったそうです。
 一方で妹さんはのびのびと高校生活を送り、ドラゴンボールの孫悟空に恋をしていたまんしゅうさんを冷ややかな目で見ていたとか……

妹と私は凹と凸のようなもので、趣味も会話も何もかも合わない、顔も似ていない、妹は下ネタも言わない。二人が合わさるとようやくバランスのとれた一人の人間が出来あがる。
出典:http://manshukits.exblog.jp/16736473/

 まんしゅうさんは普通の家庭で育ったとおっしゃいますが、ご家族そろって強烈な個性をお持ちのようです。弟さんとお母様が出来心で飼い鳩を大空には放ったことを知ったお父様の一言と、まんしゅうさんの感想がこちら。

「バカ野郎…川が…鳩の磁石を狂わせるんだ……」
先ほど検索してみたが、川が鳩の磁石を狂わせるという記述はどこにも見当たらなかった。おそらく父の、長年の鳩経験から培った感覚だろうか。
出典:http://manshukits.exblog.jp/15812156/

 普通の家庭で育ったと姉弟対談で語っていらっしゃいましたが、ブログを読み合せると十分個性的なご家族ですよとツッコミたくなりました。そんな家庭はよくないと言いたいのではありません。とても楽しそうなのです。家庭内でも山あり谷ありを経験しているそうですが、持ち前の発想力で苦難も吹き飛ばしている気がします。

変わったきっかけ
有名漫画家のもとでアシスタント。のちにブログで大注目

 美大に通っている間も、伝説を生み出していたまんしゅうさん。失恋したり、事情があって変装して通学したり、わざと近寄りがたい人を演じたりしていましたが、やりたいことはきちんと見出してました。
 絵を描きたいという熱意を胸に、「東京大学物語」や「まじかるタルるートくん」で有名な漫画家・江川達也さんのアシスタントとして修業をします。

先生が用意した特訓用のスペシャルメニューで一週間みっちり教育してもらったら、すぐ『東京大学物語』の背景を描かせてもらえるようになったんです。
出典:https://cakes.mu/posts/2450

 夢を叶えるための努力は惜しまない。夢に対しての貪欲さは、いつか実ると信じていたのです。

 大学を卒業したあとは、しばらくアシスタント業務から離れた生活を送ります。でも、まんしゅうさんの中の個性が黙っているわけがありません。
 結婚後、再びアシスタント業を開始し、知人の勧めで開設したブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」が、赤裸々に語る過去や家族関係が面白いと話題になります。

 しかしこの話題性は、まんしゅうさんにとってのプレッシャーでもありました。弟の江森さんは、実はナイーブな姉の性格を見抜いていました。お互いを優しすぎると評価するまんしゅうさんと江森さん、姉弟の絆は深いようです。

最初は本人が楽しんで書いてるなって感じがしてよかったんだけど、ネットのニュースとかで取り上げられてちょっと話題になったり、ブログがきっかけで仕事がくるようになったりして、変なプレッシャーを感じてるように思うんだよね。
出典:https://cakes.mu/posts/2411

 その後、WEBなどでの執筆活動も増えると同時に、業界内から「美人すぎる」と噂されるようになるのですが、この噂が今回のニュースに繋がるのです。

 弟の江森さんによると、まんしゅうさんは実生活ではお下品ことはあまり口にしないし、優しすぎるのでサービスとしていろんなものを放出してしまうと分析しています。
どうせやるなら面白いものを表現したいと、表現者としての血が騒ぐのでしょうね。

今と、これから
すべてはサービス精神の賜物。顔を出すだけじゃ紙がもったいない


 冒頭でご紹介した通り、つい先日(4月7日)発売の「週刊SPA!」で、非公開だったはずの素顔を公開したまんしゅうさん。
 なんとまあ、素顔のみならず、大胆な下着姿を披露しているとニュースになりました。その姿は噂通りのスレンダー美人、写真を見てみたい方は書店に急いでください。

 さて、このニュースでどうしてこうなった! と驚いたのは、私たちだけではなく、撮影者として指名をされた実弟・江森さんも同様です。

「姉ちゃんを撮るなんて俺がいるココはもう地獄なのか」
出典:http://nikkan-spa.jp/829906

なぜ半裸の姉を撮影するのだろうかと自問する江森さんをよそに、撮影現場にはお母様も同行。大胆に露出をする娘、まんしゅうさんを目の前にしながらニコニコしていたそうです。
なんかこうして2人の姿を見ていると、感慨深いわね~
出典:http://nikkan-spa.jp/829906

 仲睦まじい姉弟に満足げなお母様。
 これからは、まんしゅうさん個人の活動だけでなく、一家の動向も気になりますね。

 やはり普通の家庭と言うより、とても強烈な個性が集まった、アットホームな家庭だと思います。躾に厳しかったと言うお父様も、ブログを読むと個性的な一面が強調されているため、個性派のイメージのほうが強く印象に残ります。一方で妹さんは相変わらずクールな方のようです。まんしゅうさんをご存知ない方は、ブログから覗いてみてください。(ブログタイトルを読んでから、進んでくださいね。)
そうそう、まんしゅうさんは一児の母だそうです。写真を拝見すると、抜群のプロポーション……体型維持の秘密などもブログで公開して欲しいです。
(たまさき りこ)

キラリと輝く名言

結局、恋愛の辛さなどその場限りなのである。

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+