「授乳以外は、もう何もしなくていいよ……」作家・川上未映子から、がんばりすぎちゃう産後ママへ【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

▶▶【前編を読む】:「なんで自分だけできないんだろう」と自分を責めていない? 作家・川上未映子から、がんばりすぎちゃう産後ママへ【前編】

『乳と卵』で芥川賞を受賞し、人気作家の仲間入りを果たした川上未映子さん。前編は、一児の母になったことで直面した、男性には理解しにくい「不安」や「しんどさ」について取り上げました。後編は、女性ならではの「不安」や「しんどさ」を乗り越えるために、「がんばらない」ことの大切さと、彼女が掘り下げたい「人間」というテーマについて見つめました。

変わったきっかけ
出産したその日に出逢えた「母」という時間軸

 『きみは赤ちゃん』は他のフィクションに比べ、主人公である赤ちゃんがキャラクター化されていません。インタビュアーに突っ込まれた川上さんは自らの息子を「無個性な赤ん坊」と表現しています。特徴がなかったからこそ、出版に踏み切れたと。

彼がまったく無個性な赤ん坊だったのが大前提なんです。彼の個別の名前ではなく、まさに「赤ちゃん」という無色透明の存在だったので、可能だったのだと思います。
出典:https://cakes.mu/posts/6913

 自分の子どもというよりは、そこで生成する「連動性」を強く感じるという川上さん。自身の子どもを無個性と表現するのは、作家である彼女ならではの表現方法なのかもしれません。
 また、最近の雑誌は「成功談」を強調している風習があり、雑誌をペラペラめくっては、完璧にこなせない自分に落ち込むこともあったとか。産後の不安定な感情にすっかり支配され、次第に、自分の能力の何倍も動いてしまう「働きホルモン」でテンションがハイになることもあるようです。

 これから妊娠・出産を迎える女性に向けて「本当にがんばらなくていい(笑)」と川上さんはエールを送っています。

「産後はこういうことがあるからがんばりすぎないでね」と何十回も聞かされていたんですよ。でも渦中にいると何を言われても分からないの。2年経った今は分かる、産後にそういう中でがんじがらめになっているお母さんに、「授乳以外は、もう何もしなくていいよ……」って本当に伝えたい(笑)
出典:http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=3434&page=2

 出産した当日には、それまで感じたことのない「母」という時間軸に出逢えたと彼女はいいます。

出産した日の夜なんて、時間を超えて「母」という軸で綿々とつながっているものが見えました。未来のお母さん、過去のお母さん。みんなにこんな夜があったのかもしれない、と思うと自分がなくなって「この体験」だけが残る感じ。
出典:https://cakes.mu/posts/6913

「不安」や「しんどさ」を乗り越えて出会う「母」という時間軸は、母親になった女性にとって他のものには代えがたい宝物であることに違いないでしょう。

今と、これから
「人間」について、とことん掘り下げていきたい

 彼女は「人間」についてものすごく興味があり、女性性としてだけでなく、多角的に掘り下げていきたいと闘志を燃やしています。
 また、活字を読まずにケ―タイ小説を愛読する若者に本をとってもらえるようにと試行錯誤しています。

 彼女は現代の若者について、また自身のこれからについてこう語っています。

今なぜ若い子にケータイ小説が受けるかというと、彼女たちの人付き合いが刹那的だからだというんですね。彼女たちは週替りで相手を変える。でも、それはすれっからしだからではなく、ピュアすぎて傷つくことが怖いから、問題が起きたらすぐ別れてしまうんだと。ケータイ小説もそういう乗りなんですよ。「強姦された! 頑張れよと言われた。だから頑張る」みたいな(笑)。わかりやすいといえばわかりやすいけど、彼女たちはそういう表現にしかシンパシーを持てない。それを聞いて私が思ったのは、どうすれば彼女たちにも伝わる小説を書けるかということなんです。出来ないわけがないですよね。
出典: http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20080211

 年齢を問わず、幅広い層から支持を集めている「村上春樹」を目指して、彼女はこれからも名作を世に送りだしていくのでしょう。今後の活躍からも目が離せませんね。(Erica Yamaguchi)

キラリと輝く名言

「未来のお母さん、過去のお母さん。みんなにこんな夜があったのかもしれない」と、出産した日の夜に、思った。

▶▶【前編を読む】:「なんで自分だけできないんだろう」と自分を責めていない? 作家・川上未映子から、がんばりすぎちゃう産後ママへ【前編】

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+