「ムカつくことはぶった切る!」再婚を経て、大塚寧々がたどり着いた家族の風景【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

▶▶【前編を読む】:「後悔するような生き方はしていない」再婚を経て、大塚寧々がたどり着いた家族の風景【前編】”

 再婚を経て、新しい形の「家庭」を手に入れた大塚寧々さん。前編は、導かれるように女優への道を歩き始めた原点と、自分らしく生きられる「家族」の形について見つめました。後編は、自然体でいることを大切にする大塚さんから、家族のため、自分のために、「妻・母・仕事人」の3役を楽しく両立させる秘訣を学びます。

今と、これから
妻として、母として、女優として。3役をたくみにこなして円熟を増す女優・大塚寧々

 大塚さんはいろいろな役柄をこなす女優として活躍。ナレーションなど仕事の幅も広がっています。
 フジテレビのドラマ「残念な夫。」では、娘の育児に全力を注ぐ主婦を熱演しました。
「残念な夫。」は家庭的なイクメンになりきれない男性の奮闘を描くドラマ。
 大塚さんのインタビューには、田辺さんと息子と生きる家庭への思いがあふれています。

夫婦に大切なのは会話のキャッチボールではないかと思います。(中略)大事な時にちゃんと会話が出来る人が“理想の夫”だと思います
出典:http://www.fujitv.co.jp/zannen/interview/interview04.html

主人とも共通の考えなんですが、なるべく子どもには本物に触れさせてあげたいと思っていて。
出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/10713/1.html

 田辺さんと息子は血のつながりのない親子です。しかし大塚さんと田辺さんの会話には、父母が我が子を思う自然な温もりがあふれています。

 そんな田辺さんは、家族でふらりと自由に旅をすることが好きなのだとか。夫婦ふたりの時間は、のんびりとワインを楽しみながら地球儀を回し、次に旅する場所を語り合うそうです。

 家族の食事や健康・時間管理を常に気にしなければいけない主婦は、つい予定にしばられてイライラしてしまうもの。穏やかで気ままな時間をなかなか楽しめませんよね。
「私ひとりでこの家を守っている」と感じていれば、緊張やストレスから抜け出ることができません。
 大塚さんは理想の家庭を「風通しが良くて、みんなが安心して帰って来れる場所」と語ります。

楽(ラク)ではなく、楽しむことが大切だと思います。つらくても楽しむ。嫌なこともありますけど、それによって楽しくなくなるともったいないので、ムカつくことはぶった切ります。
出典:http://www.zakzak.co.jp/people/news/20130920/peo1309200730000-n1.htm

 
 大塚さんは素晴らしい集中力を持っています。何かに夢中になると、ほかのことは目にも耳にも入らなくなるとか。
 そんな彼女に際立っているのは「切り替える能力」の高さです。
 ひとり3役の生活をしている女性は少なくありませんが、両立はとても難しいですね。
 豊かな想像力をたくみにコントロールして、感情をうまく切り替える大塚さんの潔さは、3役を両立するだけでなく、女優としての味わいをさらに深めることにも役立っています。
「すべきこと」は効率を考えて手早くこなし、「家族」とは風通し良くコミュニケーションする。
 丁寧に生きるコツを知る聡明さと、表情豊かなキュートさが、大塚さんの魅力の秘密なのではないでしょうか。

(こうのまちこ)

キラリと輝く名言

人生においては 自分が主人公で、みんながHERO!

▶▶【前編を読む】:「後悔するような生き方はしていない」再婚を経て、大塚寧々がたどり着いた家族の風景【前編】”

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+