これからは情熱的な女の時代! イモトアヤコに学ぶ「生き残る女」になる秘訣【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、珍獣ハンターとして幅広い世代から愛されている女性、イモトアヤコさんが「心に掲げるモットー」とは何か。夢を追いかけ、地球の果てまでも行きそうな熱き情熱を持つ彼女の「生き方、心」を見つめます

ワタシのあの頃
チャレンジ精神が功を奏しつかんだ珍獣ハンターとしての道。体当たりで仕事に臨む日々

 小さい頃から目立ちたがり屋で、好奇心旺盛のイモトさんは、アイドルのオーディションを受けたり、学校祭のミスコンテストでグランプリを受賞するという経歴を持ちます。
 大学3年のときに心機一転、お笑い養成所に入所。現在、フォーリンラブとして活躍しているバービーさんとコンビを組んで活動していたこともありました。
 その後、大きな転機がおとずれます。日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』の珍獣ハンターとして抜擢されたのです。

「(コモドドラゴン)は50種類くらいのバクテリアを持っていて、噛まれた時点でアウト。
絶対死んじゃう。そんな相手が私のデビュー戦でした(笑)
出典:http://dogatch.jp/news/ntv/27651

 猛獣に追いかけられたり、対決したりと体を張る印象が強いイモトさんですが、明るく前向きな姿は、世間に受け入れられ、一躍人気者となります。
 2009年には、24時間テレビのランナーに挑戦。女性ランナーとして史上最長となる126.585キロも完走しました。
 しかし、順風満帆に見えるイモトさんも、挫折感を味わいました。番組で企画したエベレスト登頂のチャレンジが、山のコンディションによって取りやめとなったのです。

「悔しいですね。今年行きたかったんですけどね…」
出典:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/18/kiji/K20140518008188390.html

 これまでイモトさんは、モンブランやマッターホルンの登頂に成功。その都度、心身を鍛え、仲間との絆を深めてきました。山頂に立つ者にしかわからない達成感。
 イモトさんの逞しさ、力強さはどれだけの人にパワーを送ったことでしょう。きっと彼女の頑張りが、エールとなって胸に届いたのではないでしょうか。
 しかし、大自然の驚異に立ち向かうことはできなかった。イモトさんの無念さがうかがえます。
(EKKO)

▶▶【後編へ続く】:仲間を作れる女になれ! イモトアヤコに学ぶ「生き残る女」になる秘訣【後編】

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+