「授乳しながらトレーニング!」車いすの金メダリスト・土田和歌子のくじけない歩み方【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、車いす生活でスポーツに出会い、アスリートとして冬夏のパラリンピックに出場。金メダルを獲得し、結婚、出産、競技とチャレンジし続ける不屈の女性、土田和歌子さんの、困難を乗り越える強さを見つめます。

ワタシのあの頃
車いす生活から競技人生スタート。輝かしい記録の影にある、大きな事故と怪我の壁

 土田さんは高校2年生のときに事故で車いす生活になりました。その後、氷上の障がい者スポーツ、アイススレッジに出合い、パラリンピックに出場します。
 長野パラリンピックでは、金メダル・銀メダルをそれぞれ2つ獲得。冬季競技だけでなく、夏季は陸上競技にもトライするようになり、アテネの5000m競技で金メダルを獲得しました。
 冬季・夏季両方のパラリンピックで金メダリストになるという快挙を成し遂げた土田さんは、マネージャーを務めていた男性と結婚、男の子を出産します。

 障がいとはなんでしょう。
 障がいとは、社会生活を送るうえで不自由が生じる特性のこと。社会や周囲の人々の理解や支援、自身の努力があれば、障がいを持つ人もたくさんの困難を乗り越えることができます。
 困難を乗り越えることが可能なら、障がいは「欠点」ではなく「個性」になります。
 それまでスポーツに縁の無かった土田さんが、車いす生活をきっかけにパラリンピックアスリートになったように、自分の世界を広げ、可能性を伸ばす素晴らしい個性にもなり得るのです。

 出産後も競技への意欲はおとろえず、土田さんは授乳しながらトレーニングを続けました。そして挑んだ北京パラリンピックで、土田さんは大きな挫折を味わいます。

北京で金メダルを取ることを目指していたのですが、5000メートルでクラッシュに巻き込まれて大けがをして、2種目とも棄権しました。それ以降、選手としてこのまま続けていくかどうか非常に悩んだ時期もありました
出典:http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n361/n361006.html

 それまで気丈に娘を見つめ続けてきた母にも、「もうやめたら」と言われた土田さん。長い入院生活を余儀なくされます。

変わったきっかけ
ロンドンパラリンピックで見せた不屈の精神。転倒しても諦めず、前に向かって走り抜く

 北京パラリンピックで負った怪我を療養中、土田さんは生と死、そして自分と向き合いました。

最初の病室は、余命を宣告された人たちのホスピス病棟が窓からよく見える部屋でした。(中略)次はなぜか分娩室が隣にある産科の部屋に移動。(中略)死と生に向き合って暮らしたこの月日から、再起のパワーをもらった気がします。強くなれました。
出典:http://www.tamron.co.jp/special/tsuchida/

 その後、見事復活を果たし、ロンドンパラリンピックに出場します。ロンドンでは、日本初の女性キャプテンとして選手団をまとめる大役を務めました。
 選手として出場した5000mでは納得の結果が出せませんでした。さらに、マラソンでは転倒してしまいます。しかし不屈の精神で起き上がり、最後まで走り続けました。

「諦めなければフィニッシュラインは必ず見えてくる」
出典:http://www.tamron.co.jp/special/tsuchida/

「私、負けず嫌いというより、勝ち好きなんです。」
出典:http://www.tamron.co.jp/special/tsuchida/

と語る土田さん。
 壁を乗り越え勝つことが好き、という性格が彼女の強み。負けることすら次へのモチベーションになると微笑みます。

 もうひとつの強みは切り替えの早さです。

目標をもつことの力が大きいと思いますね。気持ちが前向きに切り替えられるし、目標を達成できると楽しくなってきます。私はスポーツと出合って、目標設定がとても明確になりました。
出典:http://florahouse.co.jp/product/floradix/fd-interview.html

 たとえどんなに乗り越える事が難しい壁にぶつかったときでも、気持ちを切り替えることで「未来へのステップ」と前向きになれるもの。
 身体的・精神的な障がいだけではありません。私たちにはさまざまなハンディキャップがあります。病気や環境、性格や体質、離婚や貧困など、十人十色です。
 また、夫や子供、親きょうだいが障がいを持つケースも少なくありません。障がいが世界を狭めていると感じれば、人生は彩りのないものになってしまうでしょう。
 でも、障がいやハンディキャップを持っているからこそ、広がる世界や出会う縁もあります。壁があるから挑む強さが生まれ、乗り越える喜びもあるのです。
(こうのまちこ)

▶▶【後編へ続く】:「ハンディキャップを持つ母から息子へ」車いすの金メダリスト・土田和歌子のくじけない歩み方【後編】

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+