「自分自身の味方でいること」レディー・ガガの“自分を好きになる”ための白熱教室【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

▶▶【前編を読む】:「あなたは、あなた。」レディー・ガガの“自分を好きになる”ための白熱教室【前編】”

 度重なる苦難の中で自分の存在価値を見出した歌手、レディー・ガガさん。前編は、彼女の姿を通して、苦しみを抱えた自分自身と向き合い、前を向くことの大切さをみつめました。後編は、困難な状況でも「自分自身の味方でいる」ための秘訣を学びます。

今と、これから
ありのままの自分を、友人を認めて愛すること。そうすることで、心が強くなるの

 近年では、ガガさんの活動に、貢献活動が多く加わりました。
 以前から自分はバイセクシャルであると公言していたのですが、デビュー前後に支えとなってくれた、同性愛コミュニティやバイセクシャルコミュニティへの感謝の念を公にし、活動支援や差別根絶活動に協力をするようになりました。

幼いころから、私は周囲に異端者と見られていた。どこにも自分の居場所を見つけられなかった。でも、そんな私を受け容れてくれた人たちがいた。仲間に加えてくれ、独りでは立ち上がれないときに支えてくれ、私のありのままを認め、愛してくれた人たち。それが、あなたたちだった。
出典:http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/04/lady_gaga_n_3546333.html

 就業、結婚、日常生活を守るために、自分に嘘をつく必要なんてないと、訴えたのです。
 こうした取り組みが評価され、シドニーからは名誉市民の称号を与えられ、米軍は同性愛者雇用差別を撤廃するなど、結果的に国を動かすことになりました。

 そのほかにも、エイズ撲滅運動や、ホームレス問題への取り組みにも積極的に参加しています。もちろん、いじめ撲滅のためにも大きな行動を見せています。また、ボーン・ディス・ウェイ財団を設立し、チャリティー活動に力を入れるようになりました。
 いじめられっ子だった10代は、たくさん涙を流して逃避もしました。けれど、レディー・ガガさんは立ち上がる方法を見つけたのです。

誰でも、いじめられていると感じることがありますが、重要なのは、「自分の中に強さを見出し、外側ではなく、自分の内側に目をむけること」です。それによって、日々、自分が強くなって行くのを感じます。
出典:http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/800/88368.html

 
 自分と向き合い、自分を認めてあげること。そして自分の味方でいることが、強くなる秘訣。
 表現の仕方は人それぞれ違っていいのだと、背中を押してくれています。

 2015年のバレンタイン。ガガさん婚約のニュースが飛び込んできました。
 お相手はミュージックビデオで共演したテイラー・キニ―さん。病気や怪我で一時療養していたガガさんを、献身的にサポートしていたのでしょうか。
 ガガさんとふたりで、今後もパワフルなパフォーマンスを披露してほしいですね。

 誰にだって、言いにくい経験や思いがある。辛さを乗り切るために必要なのは、自分の決断を信じて、好きになってあげることなのかもしれません。自分の好きなところ、いくつ思い浮かぶでしょうね。たくさんあると、うれしいですね。(たまさき りこ)

キラリと輝く名言

私は違う それはあなたも同じ その点で私たちは同じ

▶▶【前編を読む】:「あなたは、あなた。」レディー・ガガの“自分を好きになる”ための白熱教室【前編】

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
―――― eyes.+