イラストレーター松尾たいこ、メーカー勤務から32歳で転身。「ちょっと踏み出す」きっかけとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、32歳で一年発起、イラストレーターという夢をつかんだ女性、松尾たいこさんの「とっておきの人生の楽しみ方」を見つめます。

ワタシのあの頃
恵まれた仕事環境。でも10年後、ここで働く自分を想像できない…

 松尾さんは小さいころから絵を描くことがずっと好きでした。絵を描く人に憧れていましたが、短大卒業後は、イラストレーターの道とは関係のない、地元の自動車メーカーに就職。給料も良く、働きやすい会社でした。でも、松尾さんは悩んでいました。これからの自分の未来像が見えなかったのです。

働くことは好きだったので一生働きたい!と思った時に、ここで働く自分ってのが全然想像できなかったんです。
http://www.haconiwa-mag.com/

変わったきっかけ
友達に自分の「ささやかな夢」を話す。32才、仕事を辞め、美術学校へ入学

 あるとき、友達に「絵の勉強がしたい」と話すと、美術学校のセツ・モードセミナーを教えてもらいます。

いや~本当に、思っている事を口に出すもんだなって思いました。いろんなきっかけが生まれますもんね。
出典:http://www.haconiwa-mag.com/

 当時、松尾さんは32歳。10年働いた自分へのご褒美として、学校への入学を決意します。

「辞めない方がいいよ!」って、会社の人からは言われました。辞めた人にも話を聞くと「絶対辞めない方がいい!」って。(中略)だけど、私は辞めてから、1回も1秒も、後悔したことはないんで(笑)、余計なこと聞かなきゃよかったって思ってます。
出典:http://www.haconiwa-mag.com/

 美術学校に入学後、松尾さんを待っていたのは、年齢や境遇の異なる人たちでした。今まで、イラストレーターを雲の上の存在だと思っていましたが、意外と普通の人だということに気付きます。最初は1年間学んだら、地元に帰ろうと思っていましたが、「イラストレーターになろう!」という気持ちが次第に強くなっていきました。

 ひたすら現状に満足するのもひとつの才能。10年後、20年後を見据えて“今、どうするか”を決めることもひとつの才能。松尾さんは後者の才能を潜在的に持っていたのかもしれません。
 
 どんな才能があろうと、どこに重きを置こうと、未来を決めるのは結局、自分自身の選択と行動です。恵まれた職場や知人の助言があって迷ったとしても、最終的には「自分で選んだ道」を行くことで、松尾さんは第二の仕事人生を切り拓いていきます。

ワタシの今、そしてこれから
イラストレーターとして活躍。諦めず、頑張りすぎず、人生を楽しみたい

 そこから、松尾さんは自費出版で作品集を出したり、WEBサイトを作ったり。毎日訪問してもらえるサイトにするために、ブログもいち早く作成しました。また、年1回行う個展のDMを細部までこだわるなど、自分をアピールし続けます。

ケチって印象に残らないモノを作って捨てられるんだったら、お金や時間をかけてしっかりとアピールできるモノを準備するべきだなと思っています。
出典:http://www.haconiwa-mag.com/

 そうして松尾さんの努力が実り、少しずつ仕事が増えていきました。たくさんのイラストレーターがいる中で、今、松尾さんが第一線のイラストレーターとして輝いているのは、いい絵を描くことだけでなく、「どうやって広めるか、ずっとファンでいてもらうにはどうすればいいのか」ということを大事にしているからかもしれません。
 
 ずっとファンでいてもらうために——。かつて新しい一歩を踏み出したときに光った「未来を見据える才能」は、イラストレーターになったあとにも、活きていたのです。

自らの著書、東京おとな日和ではこう綴っています。

あきらめないけど、頑張りすぎない。
なんでも完璧にやろうなんて思っていない。だって無理だもん。大人になったって、知らないこともできないこともたくさんある。知らないことは詳しい人に教えてもらえばいいし、できないことはあきらめて人に任せる。そうやって力の抜き加減を知れば楽だし、いろんなことへのハードルが低くなる。
出典:東京おとな日和(松尾たいこ著)

 松尾たいこさんの夢への歩み方は、知れば知るほどに心地良く、鼻歌さえも聞こえてきそうです。その背景にはいつも「このままいって、10年後、20年後、後悔しないかな?」という、至極穏やかで丁寧な確認作業があるのかもしれません。「わたしもこんなふうになりたいな」と素直に思わせてくれる、実に自然体な生き方のお手本なのではないでしょうか。

キラリと輝くコトバ

shutterstock_140936773

新たな “視点” で、
昨日よりもちょっといいワタシに。
 ―――― eyes.+

 

【松尾たいこさん 関連名言】
ケチって印象に残らないモノを作って 捨てられるんだったら、お金や時間をかけてしっかりとアピールできるものを準備するべき。
思っていることを口に出そう。 きっかけはそこから生まれるんだ。

【参考記事】

32歳で一念発起! 自分の好きなモノに出会えた瞬間。(箱庭)
「独立した大人同士で無理せず生きる」松尾たいこさん&佐々木俊尚さんご夫婦(ethica)
私だけの色を探して(松尾たいこブログ)
東京おとな日和(松尾たいこ著)