eyes.+(アイズプラス)とは

eyes.+(アイズプラス)は、もやっとした毎日に新しい視点をプラスする、オトナ女性のための名言・生き方バイブルです。

logo+ (1)

「ほんの一歩先を行くオトナの女性」のコトバや生き方を日々増やし、数多く網羅しています。

「こうなりたい」
「こうしたい!」
「こう感じたい」

そんな「ささやかだけど大切な願い」をきっかけにして、「自分だけのロールモデルや人生のヒント」に出会ってくれたら……心から嬉しいです。

 

eyes.+(アイズプラス)に込めた想い

eyes.+ アイズプラスとは

10代の頃、大人の女性を見て考えていた。大人になったらどんなふうに過ごしているかな。あんなふうに、なってるのかな。まだまだ先の未来を思い描いて、小さな胸を躍らせた。

あれから10年以上の時間が過ぎて、わたしも大人になった。不幸だと思っているわけじゃない。ハッキリと何かが足りないと感じているわけじゃない。

でも……
「思い描いていた大人とは、どこか違う」って気が、ほんのちょっとだけ、する。

大人になるにつれ、いろんなものを見て、聞いて、感じて、いつのまにか、そこそこ上手に世の中を歩いていけるようになったけど、何か違う。なんだろう、この「もやっ」とした感じ。

「eyes.+(アイズプラス)」は、
そんなふうに感じている同世代の女性たちのために生まれました。

たとえば…

  •  不幸ではないと思うけど、思い切りしあわせな毎日を過ごしているわけでもない。
  •  そこそこうまくやれているけど、このままでいいのかな? って感じている。
  •  昨日より今日を、今日より明日を、ほんの少しでも「嬉しい1日」にしていきたいと思っている。
  •  世界中に貢献できなくても、身近にいる人たちを、もっとしあわせにしたいと願っている。
  • 「スーパーウーマンになれなくてもいい。ハッピーウーマンになりたい」と願っている。

etc…

ここを訪れてくれたあなたに、どれかひとつでも心当たりがあるならば、いつかお役に立てる日が来るかもしれません。

 

eyes.+(アイズプラス)のモノサシ

可愛いだけじゃダメなんだ。

世の中には、すでにたくさんのスーパーウーマンの情報があります。
そして、そこから学べることも、数え切れないほどたくさんあります。

だけど、スーパーウーマンには、自分とは比べものにならないくらい、生まれながらの才能や美貌があったり、キャリアや人脈があったり…。

そういった「高値に咲く花」のようなロールモデルの情報が多ければ多いほど、どうしても自分と比べて自信をなくしてしまったり、ギャップが大きすぎてけっきょく目指せなかったり…ということだって出てくるかもしれません。

そこで、「eyes.+(アイズプラス)」では、
コトバと生き方を集めるための「ふたつのモノサシ」を決めました。

ひとつめは「等身大」というモノサシ。
「ロールモデルがどれだけ有名か」ではなく、
「ロールモデルのコトバと生き方が読み手の心に寄り添えるかどうか」で選びます。

ふたつめは「未来」というモノサシ。
「ロールモデルがどんな生き方をしたか」ではなく、「ロールモデルのコトバや生き方を知った人の未来はどうなっていくのか」を思い描きながら編みます。

このふたつのモノサシを大切にしながら、
ひとりでも多くの大人の女性の、
ひとつでも多くのモヤッとした感情を、
しあわせを掴む力に変えていけたら……

と強く願っています。

オトナ女性の毎日に幸あれ。
―――― eyes.+(アイズプラス)編集部